生活

不用品回収の相場と費用をチェック!モノによっては無料で廃品回収OK業者も!

引っ越しや転勤、親族が亡くなってしまっての遺品整理など、季節や時節の変わり目で不用品回収や廃品回収が必要になるケースってありますよね?自治体の粗大ごみ回収サービスは安くてよいけれど、大型な不用品や大量の不用品の場合にはかなり面倒で手間がかかってしまいます。また回収日も決まっているケースが多いので、都合が合わずなかなか片付けが捗らないことも多々あります。そこで、安くて早くて便利な不用品回収業者を調査してみました。

数が少なければ自治内の粗大ごみ回収サービスを利用

数が多くなかったり、自力でごみステーションまで運べるような不用品を回収してもらうのに一番安いのは各自治体の粗大ごみ回収サービス。

各自治体により回収方法は異なりますので、ご自身が住んでいる市区町村のホームページで確認してみてください。

たとえば私が住んでいる地域での流れは下記のような感じ。

  • まずは収集希望日の前業務日までに粗大ごみ予約センターに電話またはWEBから申し込む
  • 粗大ごみの処理券を購入する(コンビニなどで買える)
  • ゴミ処理券を不用品に張り付ける
  • 当日の朝、回収時間までに決められたごみステーションに不用品を持っていく
  • 回収完了

粗大ごみの処理券はモノによって金額が異なります。最近電気カーペットを捨てたのですが、800円程度でした。数が少なければ自治体の回収サービスを利用するのがおすすめです!

数が多い、大型の不用品ならまとめて業者にお願いしよう

大量の不用品や大型家具などの不用品は自治体サービスを利用できなくもないければかなり面倒。。1つ1つの不用品の処理券を購入すると意外と高額になってしまう場合もあります。

そんな時はまとめて業者さんにお願いした方が意外と安くついたりもしますので、見積りだけでもお願いしてみてはいかがでしょうか?

多くの業者さんは見積もり無料(なかには出張費用が掛かるケースもありますが)なのでよさそうな業者さんに連絡してみるのがよいかと思います。

【全国対応】ECO クリーン

口コミがよい不用品回収業者さん「予算よりもかなり安く済んで助かりました」「他社と比べて一番安かったので決めました」「親切なスタッフさんが丁寧に対応してくれました」「不明点や質問に対してわかりやすく説明してくれました」「今日中に片づけたかったのですぐ来てもらえて助かりました」・・など良い口コミが多い印象。またWEB上で業界最安値に挑戦中!価格破壊!と謳っているので価格には自信があるとのことです。

日本全国どこでも対応

最短30分で急行。緊急対応可能

出張費無料、見積り無料


【関西のみ】 オールサポート

片付け定額パックが充実しているのでまとめて回収してもらえる&あらかじめ価格が決まっているので安心して依頼ができます。また買取ができるものは査定をしてもらえるので、回収費用が安くなったり、むしろプラスでお金がもらえる可能性もあるので、良いです。

対応エリアは関西のみ(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山・三重)

お手軽パック8800円~と良心的価格設定。さらに買取可能なものは回収ではなく買取してくれるサービスも

遺品整理やごみ屋敷の片づけなど多岐にわたる要望に対応可能

価格比較したいなら一括見積サービス

少しでも価格を安くしたい!合い見積もりを取りたい!というこだわり派の方には、一括で見積もりが取れるサービスがおすすめ。WEB上から1回の情報入力で複数の業者さんから見積もりを取れるので、楽ちん便利です。

不用品の豆知識

家電4品目は粗大ごみで処分できない!(家電リサイクル法)

エアコン、テレビ、冷蔵庫(冷凍庫を含む)、洗濯機(衣類乾燥機を含む)の4品目は自治体で粗大ごみとして回収してもらえないので要注意!この4品目は再利用が可能な金属やプラスチックが多く含まれているので回収後資源化させるために粗大ごみとしては捨てることができません。特定の家電4品目を粗大ごみとして扱ってはならないのは、各自治体の判断に任されているわけではなく、法律によって定められた規則です。一般的に家電リサイクル法と呼ばれることが多い、特定家庭用機器再商品化法という法律によって、4品目の家電は粗大ごみとして出してはいけないよう、全国で定められているのです。

廃品回収トラックには注意

「不用品ありませんか~」「不用品・廃品回収車です~」とアナウンスを流しながら町内を回っている廃品回収トラックには要注意です。私の母が実際に近所をまわっていた廃品回収トラックを呼び止めて、不要になったマットレスを回収してもらったそうなのですが、トラックに積み終わった後に高額な費用を請求されたんだそうです。金額があまりにも高いので断ったところ、トラックから荷下ろしする作業を請求された・・・と。

あらかじめ料金を確認しなかった母も抜けているんですが、身元がわからない業者さんに安易にお願いするのはかなりリスクがありますので、事前にホームページなどでしっかりと料金や口コミを確認してから依頼された方がよいです。

気を付けましょう!

-生活
-

© 2021 LookBook